あなたはドロップの方法を誤っていませんか?

救済のルールは知っていても、ドロップのやり方はあまり詳しくありません。

テレビのゴルフトーナメントでは見るけれど・・・、いざ自分で行うとなると考えてしまう。

まだゴルフを始めたばかりの方ばかりでなく、数年プレーしているよという方の中にも意外と正しいドロップのルールをご存知ない方がたくさんおいでです。

池に入れてしまったとかカートパスに止まった、あるいはなんらかの救済を受けるときはボールをピックアップした後プレースよりドロップになることがほとんどです。

やはりルールを知らないと違反のペナルティが嵩(かさ)むだけ、ちとややこしいことになります。

この際、ドロップのルールをちゃんと学んでしまいましょう。

この数ページ読むだけで、明日から自信をもってドロップできるようになります。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

ドロップのルールはゴルフの必修科目で基本です

まず、正しい手順を覚えましょう。

ピックアップする前に、ボールをマークします。(写真A)

コインでもティーペグでも構いません。これを忘れる人が多い。1打罰になります。

次に、ニアレストポイントや後方線上というルールに従って当該の位置に、ウォーターハザードを横切った地点があればその位置もマークします。

救済の規則に従い、例えばウォーターハザードの横切った地点からホールに近づかない2クラブレングス以内の限界地点、カートパスや排水溝などのニアレストポイントからなら同様に1クラブレングス以内の限界点にもマークをします。(写真B)

その決められた範囲内に、腕をまっすぐ伸ばし肩の高さからボールを落下させます。(写真C)

最初に決めたドロップできるエリアから外れた場所までボールが転がった時は再ドロップ(リドロップ)します。

またまたボールが外に転がり出てしまったときは、再ドロップしたときの最初の設置点にプレース(手で置く)します。

これがドロップの基本手順です。

※ドロップの細かい方法は別ページで

この手順通り進めた場合、マークは多くのケースで3か所になります。

この3点のマークをできないとプレーは続行不能になります。

3度目のドロップをしてしまった!

よくある実例からひとつご紹介しましょう。

Aさんの登場です。

Aさんのボールは側溝の中に止まりました。

ニアレストポイントを決めて前記①~③の手順どおり運びました。

そして規則通りのドロップをしましたが、落ちた場所に傾斜があったのでボールは既定の1クラブレングスを越えて止まりました。

この場合はリドロップ(再ドロップ)という処置で、もう一度行うことができます。

もちろん無罰です。

2度目のドロップでも同じことが起きたのですが、Aさんはルールを知らないまま3度目のドロップをしました。

こちらは1クラブレングス以内にとどまったようでした。

これは問題ないのでしょうか?

スポンサーリンク

誤所からのプレーでもホールアウト

3回もドロップしてしまったAさんは、あとから同伴者に「ドロップは2度までですよ」と告げられてしまいました。

2度とは最初のドロップと一度だけのリドロップのことです。

この場合、

Aさんは3度目のドロップをしたボールでプレーを続けた場合、「誤所からのプレー」をしたことになり2打罰になります。

通常は誤所からのプレーは正さないと失格などの重大な違反に課せられますが、このケースはそのためにプレーヤーが打数的に自己利益があったという判断にはならないため、2打罰のままホールアウトしても認められます。

誤って3回もドロップしたケースでは別なケースがあります。まず、3回ドロップしたこと自体にペナルティはありません。

もしボールがその場合の規則の1クラブ、あるいは2クラブレングス以外に転がり出ているならばそのボールはインプレーとは認められず、打つ前に間違いに気づいて初めのリドロップ(2回目)でボールが落ちた接地点にプレースすると無罰でプレーが続けられます。

このケースでその接地点としたピンポイントが正しいかどうか?

無罰と2打罰の判断分岐が争点になるので、ドロップは2度までだという知識を持っておいた方がよさそうです。

スポンサーリンク