池に入って救済を受けたボールがドロップでまた池に!

Aさんの打ったドライバーショット、いい当たりでしたがボールは池ポチャ!

ウ~ン、ザンネン。現場に行ってみるとそこはかなりの傾斜地です。

これでは弾んで池に行くのも仕方ないかとあきらめがついたAさんでしたが、さて、救済を受けてドロップすれば池に入るのは明らかです。

それに、池に入れてしまうと交換できない?から探さなければという思いが働きました。

ボールは新しかったし救済ドロップは池に落ちそう、それではとAさんはいきなりプレース(写真)して打ってしまいました。

これはちょっと問題でしたね。では、簡略に解説しましょう。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

救済された場所がドロップに向かない場面

端的にいって救済であれ何であれ、ドロップのルール違反があれば1打罰です。

ただし、正しい方法でやり直せるケースでは無罰になります。

さらに、ドロップするべきところをプレースしたなら2打罰になります。

Aさんはこちらのドロップの救済におけるルール違反が確定となります。

このケースのように、ドロップすればほぼ確実に池に転がり込むのは確実でもドロップから再ドロップという規定に従う必要がありました。

ドロップして池にまた入ったら探さなければ?

Aさんの思いに勘違いがありました。

池に入ったボールは取り替えられないから探さないとペナルティだというのは大きな勘違いで、ドロップしたボールは既定のエリア外に行けばインプレーでないボール、これは池に入って探す必要はありません。

ちょっともったいないだけですね。

救済を受けて斜面にドロップすれば池に落ちそうなときは、キャディさんとか同伴競技者の手を借りて、池のほうで待ちかまえてもらって拾うのが普通です。

他のページで、あるプロがグリーンでマークしたインプレーのボールを誤って池に入れたとき、キャディさんが水の中にまで入って探した記事をご紹介しましたが、そのことを思い出して勘違いしたのかもしれません。

100切りを目指す方の総合ゴルフサイト、『ごるP・ゴルフアカデミー』へようこそ。 以前、「グリーンで知っておくべきルール」のシリーズの中で、”投げて渡そうとしたボールが池に落ちてしまった...

スポンサーリンク

正しいドロップの知識が経験して身につきます

それでは正しい救済からのドロップはどうすればよかったのでしょう。

ウォーターハザードをボールが横切ったポイント(基点)を決めマークします。

そこからグリーンに近づかず2クラブレングスの限界点にマークをします。

最初のドロップをします。

もしこのドロップが無効ならリドロップ(再ドロップ)します。

リドロップが必要な時のボールが止まった位置。

ハザード内、OBエリア内、グリーン内、グリーンに近づいたとき、規定のクラブレングスを越えてしまった、カート道路や修理地に入ったなどの例外的な場合があります。

リドロップで上記のケースになったら、そのリドロップしたときのボールの落下地点を明確にし、そこにプレースします。(写真)

その時、もしも傾斜がきつくてプレースしても転がってしまうときは、グリーンに近づかず、もっとも近い止まる場所を探してそこにプレースします。

この場合はどのくらいの距離以内という規定はありません。

あくまでも最近点です。

そんなミスのおかげでAさんは正しい処置を学びました。

次回からは大丈夫でしょう。

大体ゴルフというのは基本の知識さえあれば、実際に即して学んでいくパターンが多くなります。

※上記④の再ドロップが不要なのに構わず続けてプレーしてしまうと2打罰になります。(誤所からのプレー)

スポンサーリンク