アドバイス違反になるルールとアドバイスにならないルール

グリーンで「ちょっと強すぎたかな!タクシー!」(止まっての意味)

OBゾーンへ一目散に飛んだボールに「バイ、ハニー!(Bye honey!)」なんてオシャレ!

こんな会話は罪がなくて楽しいルンルンゴルフになってしまいます。

でも、今のクラブ何番ですか?は問題か?問題なしか?

「見た目以上に上りがキツいからね、相当打たないと届かないよ」とご親切なこと。でも余計なお世話カモ!?

ゴルフは楽しく真剣に、気の合った仲間とプレーするば間違いなく明日の英気を養えるし、多忙な中でも約半日の時間を使うだけに、一回ごとにいろいろな思い出ができます。

\ごるPイチオシのゴルフ教材はこちら/

スポンサーリンク

アドバイスは相手の心を迷わせるだけかも…

ゴルフをさらに深く楽しむには、お互いのコミュニケーションが数倍の喜びを与えることなどたくさんあります。

当意即妙な一言や、ちょっとした思いやりある言葉ひとつで喜びや感動がパンとはじけることもあります。

さて、今回はそのコミュニケーションの延長線上、「アドバイス」です。

あなたは不適当なアドバイスをしていませんか?

ゴルフはあくまで競技ですから、ルールに照らせばアドバイスは気軽な会話だけではなくきちんとしたマナーを考慮したうえで規則があります。

言わなくてもいいことで相手のプレーに悪影響があるときは「アドバイス」という違反があります。

常識で判断できるアドバイスにならないこと

低い場所に落ちたボールを打つとき、同伴競技者に「グリーンはどの方向ですか?」と聞かれて方向を教えるのは周知の事実で(ルール上の)アドバイスにはなりません。

同様に、ティーインググラウンドでスタンスをとっている方に「デベソ(ティマークよりはみ出しているですよ)」と教えるのもOKです。

アドレスに入ってから「ちょっと6番では大きいのかなぁ?」とかの独り言もOKです。

ルールでいうところのアドバイスは、他人に恣意的に情報を伝えようとする何らかの意図があります。

スポンサーリンク

今のクラブ、何番ですか?

Aさんは初心者ですがいつも楽しいゴルフです。

今日もベテランのCさんとご一緒しています。

さて、Aさんのショットは今打ち終わったCさんの2打目と似たような距離でした。

そこで打つ前にCさんに尋ねます。

「今のクラブは何番でしたか?」

この「クラブの番手を質問する会話」は、Aさんがショットする前だったので違反となり2打罰になります。

そのままCさんが番手を応えるとアドバイスの違反で同じ2打の罰がつきます。

でも、双方が打ち終えた後の過去会話では問題になりません。

ゴルフにも個人情報があると思ってください

クラブの番手というのはいわば「ゴルフの個人情報」と考えていいかもしれません。

うっかり答えてはいけないものだと理解しましょう。

ではわかりやすくクラブの番手選択についてやって良い(○)と悪い(×)を並べておきます。

  1. 自分の共用キャディーに同伴者が使ったクラブ情報を聞く=○
  2. 相手が使うクラブが何かを知るために、近くに行ってキャディバッグをのぞき込む=○
  3. 相手のクラブを知りたくて、相手のバッグやクラブなどに手で触れて探す=×

アドバイスに関する規則をまとめると

正規のラウンド中、プレーヤーは次のことをしてはならない。

  1. 自分のパートナーを除き、そのコース上でその競技に参加している人にアドバイスを与えること。(意図的に迷わせようとする行為)
  2. 自分のキャディー、パートナー、そのキャディー以外の人にアドバイスを求めること。
    (団体戦ではありません)

こういった基本の部分を知っておいたほうが良いでしょう。

意外と不用意な言動や言葉で知らない間にルール違反している人は意外と多く見受けます。

スポンサーリンク