【5】ゴルフで100切りを目指す人がまず学びぶべきことのまとめ

ゴルフは「心力」が「知力」「技力」に勝ることを知っていますか?

最短で100切りするためには1.5mでウデを磨くことが必要なのです。

100giri

「ゴルフ」は本当に不思議なスポーツです。

ゴルフは数あるスポーツの中でもはっきりした特徴があります。

多くのスポーツは体力に勝る人優位、運動神経、反射神経、カンが単純に優劣を決めます。

ゴルフも共通する部分がないわけではありませんが、うまい下手を決める順番が少し違います。

技力(テクニック)を支えるのは知力(知識・経験)だという点で、それらの結果に大きな作用をするのが「心力(メンタル=精神面)」だということです。

いわば球技でありながら野球やサッカーのそれとは大きく異なり、むしろアーチェリーのような競技に近いところがあります。

ゴルフは静止している約4.3cmの小さな球を、約10.8cmの穴に入れるだけのゲームです。

勝負のポイントは体力ではなくメンタルです。

そんな簡単なこと誰だってできる。そこなんですね、ゴルフは老若男女、誰でも楽しめていつでも始められる、ここが最も素晴らしいところです。

初心者の皆さん、ゴルフを誤解していませんか?

「打つ」ゲームではなくて「入れる」ゲームだということ、「力」で打つのではなく「知識と心」で打つことを。

ゴルフ場は広いので、最初は飛ばすべし…という考えが先行するのも無理からぬことですが、そこに100切りの落とし穴があります。

ゴルフの真髄はたった1.5mのパッティングにあるという、意外でしょうがとてもわかりやすい話です。しっかり読んでいいただけると必ず100切りできるとお約束しましょう。

\ゴルフ上達法のおすすめ教材/

スポンサーリンク

100切りのヒントと1.5メートルに隠されたものとは?


初心者レベルの方だけではなく、世界中のプロゴルファーは異口同音に「ゴルフで最も難しいのは1.5m前後のパッティングだ」といいます。

それは「飛ばさないショット」だからこそなのです。

1.5mはパワーより心の力や知力が結果に影響します。

入って当然の距離だけに、外せば300ヤードも飛ばしたドライバーがフイになります。

古今東西初心者だけではなく、プロであろうとアマであろうと誰であろうと、ゴルフはショットのたびに不安と恐怖に満ち満ちています。

その結果への恐れを打破するのが練習、特に何度も何度もその1.5mの距離を打ち続けることで身につく”自信”と”プレーシャーの消去”です。

この自信があなたを100切りからシングルへの道へ誘導すること間違いありません。

自信はお金では買えません。

ゴルフは韻を踏んで一歩ずつ覚えないと上達が止まるというスポーツ、今回は100切りへの最短ルートを『ごるPアカデミー』がわかりやすく解説します。

ショットと今回の1.5mのパッティングをバランスよく練習することで100切りOKです。

たった1.5メートルに隠された「ゴルフの真髄」、ゴルフを続ける限り上達するための基礎の基礎、いままで聞いたことのない理論にきっとあなたも開眼することでしょう。

スポンサーリンク

100切りするために必要な知識と技術の記事一覧

初心者の皆さん、ゴルフ楽しんでいますか! 今回は最速でスコア100を切るための決定的な理論のご紹介です。 この練習は誰でも簡単にできるうえにお金も時間もかからない方法で、必ずゴルフ...
初心者の皆さん、100切り目指して頑張っていますか。 ゴルフのスコアはショットの練習だけではうまくなるペースが遅れます。 世界のトッププロがいう言葉のひとつに「ゴルフでは、...
初心者が必ず100切りできるメソッドを解説しています。 ここを読んでメンタルを学びましょう。 100切りできる…、ではなく逆な角度から100切りを遅らせる原因はなんでしょう...
ゴルフをこれから始めよう、あるいはまだカジり始めたところというビギナーの方が、必ず100切りできるメソッドを解説中です。 ここまでのポイントは「スコアのカギは1.5mのパッティングにあり...
台所マットなどで1.5mのパットを練習する、それだけで100切りができる! 少しずつ理解していっただけましたか? 前ページでその練習の準備をしていよいよ取り掛かったら、もう一歩踏み...
ここまで解説したのは1.5mのパッティング、自宅練習です。 これほど短いパットのドリルがなぜ100切りに結びつくのでしょうか? そこにはいくつかの意味がありそうです。 実はパ...

スポンサーリンク